本文へ移動

保育内容・教育目標

「キリストの愛に根差した教育・保育」 

・神様から与えられたこども達の命を育み、賜物を開花させ、「心身ともに健康」で「豊かな愛を備えた社会性」のある人材を育てます。

園の特色

キリスト教の愛に根ざした保育
神様を愛し、人々を愛する心を養います。
幼児期の子どもたちの心にまかれた豊かな種は、愛という豊かな心の花をを咲かせ、社会へ世界へと羽ばたいてくれることでしょう。
子どもの天分をのばす保育
恵まれた環境の中で遊びを通して、主体性と創造性をのばし、協調性を養い、身体共にのびのびした、たくましい子どもを育てます。
子どもの発達を大事に考え、健全な心と身体を育てます。意欲的な心で最後までやりきる集中力、達成感は、これからの人生をたくましく歩んでくれることでしょう。
子どもたちの幸せな未来を育てていきたいと思います。

教育目標

「光の子として歩みなさい」

1.命を大切にする子ども
私達の命は、神様からいただいた命です。
毎日のお祈りの中で、生かされている喜びを知り、また神様が創られたものや日々の出来事に尊さを学びます。
神様の見守りがいつもあることを覚えて、丁寧に生きる心を育みます。
 
2.自ら学ぶ意欲を持つ(賜物を生かす)子ども
「リズム運動」「プール」「安全能力を育てる運動指導」「モンテッソーリ活動」等の活動を通して子どもたちの学びと自らの成長への意欲を育みます。
また、子ども達が十分に遊びこめる環境作りに力をいれています。
教育保育活動や。日々の遊びを通して、自主性、自立、思考力、創造力、やりきる力といった非認知能力を高め、生きる力を育みます。
 
3.関わりをとおして、自分と人を大切にできる(愛することができる)子ども
お友達や保育者とのかかわりを通して、自律心や人を思いやる心を育てます。
挨拶をはじめ、人とのコミュニケーションを大事にし、良い人間関係を築くことで自己に満たされ、愛される喜びや愛する心を育みます。
 
4.感謝の心で生きる子ども
聖書の中に「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」とあります。
美しい心、すなわち感謝の心をもって生きることを学び、世界へと羽ばたいてほしいと願います。

年少(遊べるこども)

●4月~5月
・園に慣れ安心して遊ぶ。
●6月~9月中旬
・先生や友達に親しみ喜んで遊ぶ。
●9月中旬~12月
・いろんな約束や自然の秩序を知りながら遊ぶ。
●1月~3月
・表現しながら遊ぶ。

年中(思いやりのあるこども)

●4月~5月
・新しいクラスや友達に親しむ。
●6月~8月
・友達や周りのものとかかわりあいながらのびのびと遊ぶ。
●9月~12月
・思いやりの気持ちを持ち、自ら子どもの世界を広げる。
●1月~3月
・友達の存在を認めあい、喜びや悲しみを共にに分かち合う。

年長(意欲的なこども)

●4月~5月
・年長としての自覚を持ち、まわりのものに喜んでかかわる
●6月~10月
・意欲的に友達と力を合わせ取り組む
・地域や社会に目を向ける
●11月~2月中旬
・ひとりひとりの力を認めあい、新しい目標に向かって達成する喜びを味わう
●2月中旬~3月
・新しい世界への期待をもち自主的に行動する

保育時間について

認定区分
保育時間
利用可能時間
1号認定こども
教育標準時間(概ね4時間程度)
8時半~14時半
2号認定こども
3号認定こども
保育標準時間(最大11時間)
保育短時間(最大8時間)
7時半~18時半
8時~16時

昼食

月・火・水・木・金に実施しています。
食物アレルギーについての相談に応じます。除去食の対応を致します。

園バス

2台のバスで、小浜市内を運行しています。
希望者については、園バスによる送迎を実施します。
 
 

保育活動内容

遊びの時間
遊びを通して子どもは成長します。
教師は、子どもたちの一人ひとりに必要な発達の援助を考え、あそびのコーナーを設定します。
子どもは、自分で選んで遊びます。
 
リズム運動
当園ではリズム運動に力を入れています。リズム運動は、しなやかな心と身体を育てます。
子どもの発達に必要な要素が凝縮されています。ピアノの音(感覚神経)を聞いて全身を動かします。
運動神経は感覚神経とともに脳中枢神経でつながり、脳の発達を促すと言われています。
子どもたちの、全面発達を願いながら取り組んでいます。
 
・モンテッソーリ活動
子どもは皆、その心身を自ら成長発達させる内的生命を備えています。
モンテッソーリ教育とは、子どもの成長段階をまず知り、適切な環境を整えていく「適時教育」です。
 
・プール指導
若狭総合公園の温水プールで、年間を通してスイミングスクールのコーチの指導を受けています。神経系の発達には水泳が最適です。
(神経系は、8歳までには成人のほぼ90%まで達します。)プール指導を通して、子どもたちの心と身体を育てます。
 
・英語であそぼう『ETM』
英語の遊び歌を通して、子どもの豊かな成長と発達を支援する教育プログラムです。
歌とゲームを楽しみながら、子どもたちの中にある力を引き出していく事を目指しています。
 
・ミュージック・ケア
音楽の特性を生かして、子どもの持っている力を最大限に発揮させ、発達援助を行う。
心身に快い刺激を与え、情緒の回復や安定を図ります。
 
・運動指導
専任講師の運動指導を受けています。
運動遊び・鉄棒・跳び箱が楽しくなる指導を受け意欲的に取り組み、バランス感覚、体幹、安全能力を育みます。
 
TOPへ戻る